タクトのプロフィール

はじめましてこんにちは。タクトです。本サイトを書いている僕の自己紹介をします。

僕の人生の要約

1998年に大阪に生まれました。家計においては普通以上程度の家庭でした。その後公立中学校に通い、良い大学行きたかったから私立の進学校、洛南高校に入学。しかし、良い高校に通ったため、学歴に価値を見出せずに勉強する気が起きずに起業志望(詳細は後で書く)。最終的に心理学を勉強するために大学に通うことになったものの、学費安くなるところ探して、大阪の偏差値の低めの大学に進学。

家庭は家計においては普通以上程度でしたね。中流以上家庭程度の生活をしていました。

こんなもんで概要終えて詳細書いて行きます。ただ、精神分析的に言うと抑圧してるのかもですが、小学校までの記憶が本当にない。特に取り上げるものがない。なので、中学校以降のことを書いて行きます。

スポンサードリンク

中学校時代

サッカー部に属していました。スタメンには入れませんでしたが、そこそこ頑張った。

中学時代の思い出としては、地球から月までの距離を部員全員で割って走るというゆとり世代びっくりのメンタルの強め方で、50mダッシュ×50本という鬼の練習を毎日していました。これにより、しんどいの基準値を上げることができ、引退後の受験勉強を頑張ることができたように思います。

成績は良かったものの、教師を僕が嫌いすぎていたため、教員から嫌われまくった挙句、通知表の成績は最悪でした。
相思相愛で相手を嫌うことの大切さはこの記事に書いています。


嫌った弊害で、公立高校進学できなかったけど特に悔いていません。

で、結果的に内申点必須の公立高校への進学をあきらめて、私立の進学校、洛南高校に入学。衝撃の毎日が待っていました。

高校時代

僕の高校は一応文武両道ということになっていましたが、実際はスポーツ推薦で入学したスポーツ生と勉強がんばろう組の両極端になっていました。文武別道といったところでした。そこで、大人の本音と建前の使い分けを学びました。

僕自身は大学進学組ではあったので、スポーツ生ばかりの部活に入ることができませんでした。僕自身のキャパそんなに広くないの知っていたので。そのため、部活と勉強両方に重きを置ける柔道部に、入学後に入りました。スポーツ生が一個上の学年まではいたので地獄の練習でした。

で、1・2年生までは部活に明け暮れていました。死ぬんちゃうか?みたいな練習の結果、中学時代からのオスグッド病が爆発して、膝の骨剥離骨折して手術したりしました。とにかく明け暮れていました、部活に。

そんな部活動を通して、部活のスポーツ推薦の先輩たちが指定校推薦という形で高学歴と言われる関関同立に勉強ほとんどせずに入学しているという事実を知りました。僕はそこで、高学歴って別に大したことないな、と知ったので勉強する必要性が見出せなくなりました。そして大学行かずして、一人で起業して稼ぐ方法を模索。

そこで出会った、とあるサイトのメルマガを購読(メールボックスから探してそのサイトのURL開いてみたらサーバー切られてましたw)。そのメルマガに書かれていたことは、アフィリエイトというものでした。

そのメルマガのおかげで、ネットで稼ぐことは楽じゃないということを学びました、そのメルマガの方は情報商材アフィリエイトを主にしていらっしゃり、僕もリスト取りされていたというわけです(笑)。しかし、その方は、何も買っていない僕に、無料で色々教えてくれました。スカイプ相談などもしてくれました。

その結果、メルマガ購読し始めて高校1年生の夏までネットで稼ぐとか胡散臭いと思っていましたが、胡散臭くないと理解しました。あくまで僕は商品の紹介をして、そして手数料を広告主さんから頂いているだけであると理解しました。転売とか色々他にもありますが、僕のしていた、そしてしている事業であるアフィリエイトは、広告業です。

そして、高2の夏までには勉強し、無料ブログで報酬ゲットしました。
この記事で担任との起業相談は書いています。


確かに難しかったですし、ほんの少ししか報酬は入りませんでしたが、高卒で大学に行かずに、一人で稼げると確信しました。

9時5時で働いて感情消えて行く大人になるのが嫌だったので、一生個人事業で自由に稼ごうと思っていました。

そして高3になり、部活も引退し、高卒起業と、周りの人間に大学進学の道もあるが、あえて起業の道を選んだということを示すため。また、受験から逃げたと思われたくなかったしそれを示すために某国立大学経営学部のための最低限の受験勉強とサイト作成に時間を割いていました。

そして年が開けセンター試験直前に、ある出会いが僕にとある夢を与えてくれました。

自分のしなくてはいけないことに気づく

センター試験前に、とある同い歳の女性に出会いました。その子と接しているうちに、その子が心に色々抱えていることを知りました。そして、徐々に僕は彼女を好きになりました。今なら分かりますが、逆転移だったんでしょうね。

逆転移であれど、当時の僕は本気でその子の困難を解決できるように努めたいと願いました。ただ、その困難というのは彼女のプライバシーもありますし、色々ゴタついて今はとてつもなく彼女に、僕は嫌われていて書くと面倒なので書きません。

そして、その子と話しているうちに将来、心理療法家となり、心に傷を負った人を救いたいという気持ちがあることに気づきました。

高校3年間、自由を求めていた僕なのに、人を助ける仕事をしたいと思いました。ただ、副業としてアフィリエイトもブログも将来的に続けるでしょうが、僕の中で、社会貢献の仕事をしたいと思いました。

ここまで書いたように、彼女に出会った当時は、心理士になることが夢でしたが、今は、心理学の基礎研究を将来して、理論を生み出し、社会貢献して生きていくことが夢になりました。
どちらの道であれ、心理学に関わって生きて生きたいと心から願えたので、もう会えませんが彼女には本当に感謝しています。

そして、大学は、臨床心理士指定大学院のある大学で、なおかつ入学試験の成績で学費安くなるところを探して現在の大学に進学。

大学進学後、衝撃の日々が僕を待っていた

僕からしたらボーダーレスの大学に進学し、エリートコースを歩んでいた僕にとっては衝撃に満ち溢れていました。

図書館でめちゃくちゃ会話してる奴らがいる。なんか授業中に食ってる奴がいる。やばい。ここやばい。猿ばっかだ。ウキー。そう感じました。

詳細はこの記事に書いてます。

そして僕の思っていることを書いて生きたいと、大学入って半年後にこのブログ開設。

似た状況の人にエールを送りたい

僕はこのブログを通して、僕のような残念な大学に通っている人に対して、エールを送りたいです。もし、自分が不本意入学で下の大学に入学した。もし自分が家計の事情で学費の安くなる大学に進学した。そのような方がいたら、僕はその人たちの勉強のモチベーションになれるように、頑張らない人ばかりいる中の頑張る、頑張りたい人を応援したいです。

だから僕はこのブログで、出会いたい人のに出会うために、そして、夢を追いかけている人の応援をするために、情報発信をして行きます。

奨学金の継続のためにも勉強が忙しく、またこのサイト以外のTHEアフィリエイトサイトの更新も忙しく、ブログの更新が遅れてしまうかもしれませんが、ブログに思う事書いていきます。

プライバシーポリシー

当サイトに記載されている広告について

等サイトでは、第三者配信の広告サービスであるGoogleアドセンスを利用しています。
ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや当サイトへのアクセスに関する情報「Cookie」(指名、住所、メールアドレス、電話番号等の個人情報を含まれません)を使用することがあります。
また、Googleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらから確認してください。

また、当サイトではアマゾンアソシエイトや各種ASPによるアフィリエイトサービスにも参加しております。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツールである「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらから確認してください。

当サイトへのコメントについて

当サイトではスパム・荒らしへの対応としてコメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
この木のは、ブログの標準機能としてサーポートされており、スパム・荒らしへの対応として以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。

全てのコメントは管理人であるタクトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをご了承ください。
加えて、以下の内容を含むコメントは管理人の裁量により承認せず、削除することがあります。

  • 特定の人物、または法人を誹謗中傷するもの
  • 極度にわいせつな内容を含むもの
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの

スポンサードリンク