心理学の学生がR言語の勉強を始めるときに最初に読みたい本を紹介する

心理学の学生がR言語の勉強を始めるときに最初に読みたい本を紹介する

心理学部、もしくは心理学系の大学院生におすすめの、R言語の入門書を紹介します。

統計学で使うソフトとプログラミングについてそれぞれまとめてみたで、心理学部がの学生にはなぜR言語がおすすめなのかの理由を書きましたので、そちらの記事を先に参考にしてみてください。

そもそもR言語とは

統計学で使うソフトとプログラミングについてそれぞれまとめてみたで書いたように、統計処理に限定された、非常にわかりやすいプログラミング言語です。僕は、このR言語を使って大学のレポートとかも書いています。

スポンサードリンク

僕がR言語を勉強した理由

僕はこのR言語を使う必要ができたのは、心理学部での実験や調査レポートを書く時に、統計処理を自宅でする必要があったからです。

無料のオープンソースの統計処理用のプログラミング言語で何があるかを大学の教員に喫煙所で聞いたら、このR言語を教えてくれたので、勉強を始めました。

R言語のおすすめ勉強本

Rによる心理データ解析

僕はこの、Rによる心理データ解析を最初に読みました。というか、この書籍しか買っていません。

このRによる心理データ解析では、Rのダウンロードとインストール方法から解説されていたり、Excelファイルからどのように、Rにデータを移行させるかも説明されていたりしていて、Rの初学者にはかなりわかりやすく説明されています。

また、サンプルデータも大量にあり、自分でエクセルファイルを作成して、そのデータを基に、本に書いているデータ処理の流れを、自分のPCの中のR環境で処理をできるため、非常にわかりやすかったです。

本の序盤では、t検定や分散分析など、かなり初歩の統計処理を学ぶことができますが、それだけではなく、共分散構造分析や、回帰分析の処理をするプログラムの作り方まで学べます。

この本を一冊通して勉強したら、R言語の初学者から、一気に中級者まで進むことができるようになります。

ただし、この書籍で学ぶことができるR言語のいろはというのは、心理学的なデータ処理に限られます。R言語自体は、工学部などでも用いられることがありますが、このRによる心理データ解析では、心理学で用いるような、データ処理に力を入れて解説をされています。そのため、他学部で用いるような、統計手法や、データの理解の仕方は、この本には書いていません。まあ、僕は、工学部の統計のこととか知りませんけど。

しかし、逆を言うと、心理学部やその院の学生院生にとっては、文字通り非常にわかりやすい「R言語による心理データ解析」の勉強ができる本になっています。

値段は、4000円弱と少し高いように思えますが、たった4000円でR言語の基本を押さえて、一気に中級者になれるなら、非常にお得な自己投資になるよ。少なくとも、僕は、4000円以上の価値のある学習ができました。

商品はこちらから

最後に:基礎を抑えたらあとはネットで調べよう

僕は、このRによる心理データ解析で基礎を抑えたのち、大学で使った過去データをいろんな処理をしていました。

独学でいろいろ勉強していると、エラーメッセージがRから吐き出されたりするので、それをグーグルで調べたら、解決策を提示してくれているサイトがいくつも発見できました。

なので、プログラミングを勉強する際には、書籍で入門的に勉強したのち、色々なスクリプトやプログラムを書いて、そしてネットで調べるを繰り返していくようにしましょう。

その取っ掛かりとして、今回紹介したこのRによる心理データ解析を一読してみることをお勧めします。

PS:Amazonをお得に利用したい方はこちら

今回の記事では、Amazonや楽天で商品を紹介しました。

紹介した商品をAmazonで買いたいと思ったけれど、まだAmazon PrimeやPrime studenに入っていない方は、こちらのPrime会員やPrime Studentについてまとめてみたも合わせてどうぞ。

スポンサードリンク

プログラミングカテゴリの最新記事