「自分が匿名だ」と勘違いしたネット上の皆様へ

「自分が匿名だ」と勘違いしたネット上の皆様へ

SNSやブログなど様々なネット上の媒体で、自分が匿名であるということを元に、他人を批判している方々に向けて今日は記事を書いていきます。

その書き込み君が書いてるってバレますよ。

匿名の場で誹謗中傷は起きる

よくネット上で誹謗中傷する人っていますよね。Twitterとか見ていたら、たまごアイコンのまま、有名人に名誉毀損じゃねーかみたいなクソリプ送りまくっている人とか。

誹謗中傷ではないですけど、他人のブログの記事に「お前は間違ってる」って騒ぎまくる奴とかもいますし。

で、彼らってなんで誹謗中傷とか他人に突っかかるのかって考えたら、単純なことで、そこがネットだからなんですよね。ネットだから匿名だと勘違いできちゃうくらい頭弱くて、誹謗中傷をしちゃう。

心理学の概念で、匿名効果や、責任の分散っていうのがあるんですが、要するに、自分の顔がわらかないで、なおかつ他にも人が山ほどいる時には、人は残酷になりやすいし、責任感を感じにくくなるっていうのがあるんですよね。あくまでそういう傾向ですけど。

心理学をやってるかと言われると少し微妙ですが、ダレンブラウンさんのこの辺の実験とか、その匿名効果がよくわかると思います。英語しか言ってないので、聞き取れない人は字幕でも入れて視聴してみてください。

その映像の中身を要約すると、マスクをつけて匿名になると、他人が酷い状況に陥ることを求める人が、他人の幸せな状況を求める人より多かったですよ。というような内容です。まあ最後ちょっとしたオチがあるんですけどね。

この映像では、他人の不幸を導いていっていたのですが、ネット世界では、他人を叩いたりすることに躍起になったりする人多くなるじゃないですか、匿名だと思ってるから。

でもネット上で匿名っていうものはほとんどありえないっていうことを証明していきます。

ネット世界では匿名はありえない

ネット上で匿名になることは基本できません。以下その理由を書いていきます。

IPアドレスが割れる

誹謗中傷をコメントとして残したりしたら、そのネット回線のIPアドレスが残ります。僕のブログでも、承認していない誹謗中傷コメントに関しては、IPアドレスを残しておいてます。「黙れブス」書き込みしたSoftBank回線使ってる君のIPアドレス残っていますよ。

IPアドレスがわかれば、使っているプロバイダ、つまりネットのキャリアがわかります。そしたらそのプロバイダに裁判所を通して開示請求したら、個人情報がわかって、その個人情報を元に損害賠償請求もしくは慰謝料請求をすることが可能です。だから、ネット上には匿名なんて存在しないんですよね。

ついでに言っておくと、誹謗中傷とかだけでなく、犯罪スレスレだったり犯罪なことはネット使ってなら、絶対しないほうが良いと思いますよ、足つくからね。

まあ、一応自分の端末のIPアドレスを残さない方法というのは、存在していますけどね。Tor使ったりとか、他人のOSを操作したりとか、そのレベルのハッキングができる方々は、多分他人の誹謗中傷には躍起にはならないでしょうけど。

スポンサードリンク

今後は誹謗中傷で裁判をする社会になる

僕は将来、ネット世界で誹謗中傷や個人攻撃を受けた人が、損害賠償請求をするような世界になると思っています。まだ殺人予告などでしか警察は動いていませんが、もう十年後、もしくはもっと短い期間で、匿名だと思い込んで暴れている方々を対象に、誹謗中傷された皆様が裁判起こしまくると予想しています。

最後に:匿名だと思い込むくらいにはオツムの弱い皆様へ

他人の誹謗中傷をするのは勝手ですし、今誹謗中傷してる人が捕まるのも損害賠償請求されるのも勝手だと思います。

ただ、僕のブログの非承認の誹謗中傷コメントを見て思うのが、多分、IPがバレるような状況だということも理解せずに他人に誹謗中傷している程度の人間だから、他人に誹謗中傷しているんだろうなあっていうことです。

こちらので書いたように、見ず知らずの他人に文句言うよりも、とっとと自分の生活ラクになるように努力をすれば良いのに、そんなこともできないからこそ、向学心もなく、ちょっと勉強したらIPボカすくらい簡単なのに、それもしないで他人に誹謗中傷しているんだろうなあっていうことです。まあ、ちょっとの勉強じゃ、多分Tor使っても身元バレますけどね。それに、本来Torは、政府機関などの検閲を避け国家の重要機密を告発するためにIPを隠せるブラウザとして発展してるんで、他人の誹謗中傷に使ってても仕方ないんですけど。

匿名だと思い込んで他人に文句ばっかり言う皆さんは、是非とも自分の人生しっかり歩んでくださいね。僕のコメントにまた同じIPアドレスから誹謗中傷きたら、裁判所からプロバイダさんに連絡させて、情報開示してもらって、裁判しちゃうからもしれないからね。次はないからね。自分の人生生きて僕と裁判はやめといてね〜。

スポンサードリンク

人間分析カテゴリの最新記事