批判というものは自己防衛であるということを感じたお話

批判というものは自己防衛であるということを感じたお話

前回同一人物から執着されて長々と大量の批判コメントが来たからそのお返事をまとめて記事にしたで批判コメントに返信をしまくったのですが、その中で気づいた批判の本質について書いていこうと思います。

人間はみんな、批判という形を取って自分を守ろうとしてるんだよね。

なぜこの記事を書いたのか

僕が勝手に好きだと思っているブロガーのやまもとりゅうけんさんがいるんですが、この人が先月くらいに軽い炎上をしていたのですよ。
その炎上記事はこちら

で、なんか荒れてるなあと俯瞰して、特に気にせず見ていました。Twitterとかで片方プロレス(特に感情湧いてない)リュウケンさんと総合格闘技(本気で怒ってる)挑んでくるアンチが戦いをしてるのを見ていました。まあ、プロレスラーの方は特に戦ってるつもりなかったでしょうけど。

この辺とか、総合格闘家暴れてます。


まあ本当は、この服部さんは多分半分はプロレスラーとして絡んでいってますけど。

で、さっきも書いたように、プロレスラーと総合格闘家の戦いをのほほんと笑って読んでいたのですが、僕にもなんかアンチという総合格闘家が登場したので、同一人物から執着されて長々と大量の批判コメントが来たからそのお返事をまとめて記事にしたでその対処をしてあげました。で、その中で見つけた批判の本質を整理して書いていこうと思います。

批判は自己防衛である

またリュウケンさんの引用なんですが、こんなこと呟いてらっしゃったんですよ。


(別に僕信者とかじゃないっすよ。好きだけどリュウケンさんの文たまにイラっとくるし。)

で、これ読んでから、同一人物から執着されて長々と大量の批判コメントが来たからそのお返事をまとめて記事にしたでまとめたような批判コメントをよく見てみたんですよ。そしたら、今さっき引用したリュウケンさんの批判は正当防衛というつぶやきがすごく納得いきました。
どう納得したか書いていきます。

批判をする人は大抵アツくなってる

同一人物から執着されて長々と大量の批判コメントが来たからそのお返事をまとめて記事にしたの中にコメントのスクリーンショットを載せていますが、そのコメントを時系列に並べていて、よく読んだらわかるのですが、時間が経てば経つほど感情的にホットになってらっしゃるんですよね、批判者さん。

でもなぜ彼らは突然見ず知らずの意見に対して怒り狂ってクソリプをぶつけまくるのでしょうか。

批判をしまくる彼らは感情的にアツくなっているのですが、アツくなっている人の反論には論理的な部分が減ります。ただ感情に任せた暴論を突然ブチまけ出すんですよ。実際、僕のその執着された彼のコメント結構口調暴れてましたし。

スポンサードリンク

自分の立場が不安だからアツくなって暴れる

突然感情的にアツくなって暴れる彼らというのは、自分を否定されているように感じているんですよ。だから自分を否定する対象に、彼らは論理性よりも先に感情で批判をしたくなって勝手に暴れてらっしゃるんですよ。

具体的に説明しましょう。僕の記事についていた記事というのは要約すると、教師という職業はブラックな労働環境だからそんなブラック社畜から教育される子供達可哀想だよね。っていうような内容だったんですよ。で、その記事に対して、教員志望の自称高学歴の学生から、ブラックな環境でもさらにブラックに働く教師が良い教師なんですよ!ってコメント来たんですよ。いや、僕はその価値観を否定したところだろっていう。まあ、気になる人は読んでみてください。同一人物から執着されて長々と大量の批判コメントが来たからそのお返事をまとめて記事にした

僕の例だけでは説得力持たないでしょうから他の例も挙げましょう。


こちらの序盤にあげたリュウケンさんの炎上記事なんですが、この記事を読んだらわかるのですが、専門性が高かったり、責任が高すぎたりしない世間一般の仕事に対しての、「休めない異常さ」を書いていただけなんですよ。それなのに、一部Twitter界隈では、医者だったり国の政治に関わる人だったり、特殊な例外を持ち出して、簡単に休むなんて間違っている!みたいに騒いでいたんですよ。
こんな感じで。

でも、リュウケンさんはそんな例外の話をしてないから、結果的にこんなリアクション。

で、この例外をあげて騒いでいた彼らがなぜ騒いでいたのか?というのは実は、休みたいときに休めないような働き方しかできない人だから、そのような働き方をする人を認めたくなくて暴れてらっしゃるんですよ。休みたいときに休めない彼らは、好きなように休める人に対して、その存在を認められず、ひたすら感情に任せて論理のない批判を展開する。それが、批判の本質なんですよ。

他人の意見とかにいちいち反論とか批判とかしてないで、自分の日銭について気にしたほうがいいと思うんですけど、何なんでしょうかね。暇なんですかね。

最後に:総合格闘技に見せかけたプロレスは賢い戦略

僕は他人の批判とか、金が発生しなければ特にやる気起きないんですよ。だから、他人のブログに匿名で批判のコメントつけたりしないんですよね。だってそんなことしても、自分にメリット生まれないし。僕総合格闘技よりプロレスの方が好きだし。

でも、実は、勝手に暴れて批判をしている総合格闘家のフリをしながら、本当はプロレスラーでいる人って賢い立ち振る舞いなんですよ。他人の意見に対して批判をするということで、その批判に同調する人を味方につけられるんですよ。

例えば、サラリーマンはクソって主張をよくするブロガー界隈への批判に見せかけてサラリーマンに対して、「サラリーマンはクソなんかじゃないですよ。」といってあげるんですよ。そうすると、サラリーマンたちは自分を認められたように感じる。そして一度認めてあげてから、自分の展開する副業コンサルとかに繋げていく。そうすると、かなり上手に集客できます。

だから僕、服部さんを半分のプロレスラーっていうようなわかりにくい表現していたんですよね。彼はおそらく、リュウケンさんの意見に本気に見せかけて批判するという立場を取って、アンチリュウケンさんの賛同者を集めていたんだろうなあ、と。もしそうでないならこの服部さんただの当たり屋みたいになってきますし(笑)。

こんな風に、総合格闘技で挑んでいるように見せて、本当はプロレスで挑むという方法、かなり美味しい集客方法だと思いますよ。

スポンサードリンク

人間分析カテゴリの最新記事