僕が何故Youtuberを嫌いなのかを考えてみたら実は単純な理由で嫌いだったことが判明した

僕が何故Youtuberを嫌いなのかを考えてみたら実は単純な理由で嫌いだったことが判明した

僕、Youtuberっていうものが嫌いなんですが、どこに対して嫌いなんだろうって考えてみたら、すごい単純な点が嫌いだったということがわかったので記事にします。

僕が嫌いなYouTuberの特徴

僕はどのようなYoutuberを見て嫌悪感を示しているのだろうと思って、嫌いなYoutuberの種類をまとめてみました。

他人に迷惑かけてる系Youtuberが嫌い

某情報商材販売金髪起業家からのYoutuber電撃転職を見事成功させた人とかがこの前やっていた、祭りのくじを買い占めて当たりくじがあるかを調べてみたみたいな企画を見ていて思ったのですが、警察を動かせといて何故か強気な様子とか嫌いなんですよね。警察さんには動いてもらっているのにお前はどの立場からものを言うてるんやっていう感想しか湧かないです。まあこれが面白いっていう人には面白いんでしょうけどね。僕には理解できないですね。

ノリが大学生のウェイと大差ない

Youtuberの動画を見ていると、思うことがあって、この人達どっかで見たことあるなぁと感じる時があるんですが、誰と似ているんだろうと考えてみたら答えが出ました。僕の大学の学生のノリと大差ないと思ったんです。もしくは小・中学生のノリというのか。彼ら、出会い系のプロフィールとか初対面の時の自己紹介とかで元気が取り柄って周りから言われますとか書いたり言ったりしてそう。

あのノリが好きっていう人もいるかもしれないですけど、僕は嫌いですね。僕自身根暗だからなのかもしれないですけど。

ファン層に残念な人が多い

僕塾講師をしているので、小・中学生と触れ合うことが多いんですが、彼らの一部に、Youtuber面白いよとかYoutuberになりたいとか言ってくる子供がいました。で、よく話を聞いてみたら、小・中学生の彼は、Youtuberがどこから報酬入っているのか知らないということが発覚したんですよね。メインはAdsenseやぞ。頑張ってYoutuberなれよ。僕は応援してるぞ。

スポンサードリンク

僕が好きなYoutuberの特徴

ここまで嫌いなYoutuberを書いてきましたが、ここからは、僕が好きなYoutuberについて書いていきます。

自分の能力を活かし切っているYoutuber

僕高校生の時によくみていたチャンネルがあって、そのチャンネルって、柔道の技の研究をしているチャンネルだったんですよね。今探したら、なんか休止期間に入ってるみたいで、もう動画アップしてなかったんですけども。

で、彼らの何が好きなんだろうと思ったら、自分自身の能力とか才能を活かして、技の解説をしていたり、自分の得意なものを活用しているところだったんですよね。あ、元気とかパッとしない特徴以外の意味での才能ね。

好きなYoutuberと嫌いなYoutuberの差は何かを考えてみた

最後に今まで好きなYoutuberと嫌いなYoutuberを書き連ねてきましたが、その両者のどこの違いが元で好き嫌いが生まれているのだろうと考えてまとめてみました。

自分の好きをしっかり活かしている人は好き

結局この答えに行き着いたのですが、自分のしているスポーツだったり、勉強だったりをしっかり極めてそれを元に動画という媒体を活用してYoutuberとなっている人は、本当に好きなんですよね。その極めた人からの意見というのは非常に勉強になるから。

Youtuberの話に戻ると、嫌いなYoutuberっていうのはどんなのだろうか?と考えてみると、元気以外いまいち取り柄が見当たらないようなタイプの人たちなんですよね。まあ、そんな元気の押し売り動画をほぼ毎日アップしているその継続性に対しては本当に尊敬していますけどね。

最後に:批判の本質をメモしておく

ここまで書いてきて矛盾したことを書くのですが、Youtuberという括りを嫌いだと書いているんですが、これってブログにも通じる事なんですよね。

どういうことかというと、他者に嫌いと思われたらその時点で批判を覚悟していく必要があって、なおかつそれに耐えられないなら自己発信なんてしないほうがいいということなんですね。

たとえば、嫌われることを恐れて行動しないという選択肢を潰すでも書いたように、金髪起業家さんは多分僕みたいな根暗嫌いなんですよ。で、彼は元気に今日も他人に迷惑をかけて、彼の嫌いな根暗くんを寄せ付けないで、元気が取り柄系の人を周りに囲えるんですよね。

そして、その嫌われた相手、つまり僕からは、批判をされる。という。批判というものは自己防衛であるということを感じたお話で書いたように、批判者というのはたいていの場合、論理性のある批判ではなく、感情的な批判で暴れているんですよね。批判者さんはわざわざその嫌いな対象を見なくていいのに、その対象に勝手にブチ切れて暴れているだけという。
ただし、一応記事にするときになぜ嫌いなのかを考えてはいたので、僕の批判はある程度論理が担保されているとは思います。

あ、僕のブロブにも感情的にブチれてる人現れたことあるんで、同一人物から執着されて長々と大量の批判コメントが来たからそのお返事をまとめて記事にしたって記事を読んでみてください。

話を戻すと、そんな僕を含めたどうでもいいアンチを気にしないで、元気を押し通した、くだらない動画を上げ続けているYoutuberの人たちは本当にすごいなあという尊敬の念を示してしまうんですよね。くだらないのによく頑張っているね。元気をこれからも押し売って頑張れよ〜!

スポンサードリンク

人間分析カテゴリの最新記事