ブラック塾のヤバさを暴露します

ブラック塾のヤバさを暴露します

僕がブラック個別塾で働いていたことがあるのでその経験からブラック塾について書いていきます。

ブラック個別塾はやばい

かなりやばいです。

具体的にどういうふうにやばいのかを書いていきます。
以下、そのヤバさのリストです。

ブラック個別塾のヤバさ一覧
  1. 塾長生徒の成績上げることよりも生徒のご機嫌取る方にエネルギー割いてる
  2. 謎のサービス残業大量多発
  3. 生徒が毎回変わるから授業の予定を立てられない
  4. 大学の授業より塾の授業優先

ブラック個別塾のヤバさ一覧

塾長が生徒の成績上げることよりも生徒のご機嫌取る方にエネルギー割いてる

これが僕が塾の考え方と合わないと感じた大きな原因になっていました。

確かに、塾はボランティア活動ではないから営利活動をしなくてはいけないのは理解しています。
ただ、金儲けの前に、塾というのは成績を上げさせてあげなくてはならない場所ですし、その目的で親御さんは子を塾に通わせています。それを理解していたら、生徒の機嫌を取るよりも、生徒の成績を上げさせるために少しは厳しいことを言わなければならない時もあります。

目の前で宿題をやらない生徒がいるなら、その生徒を多少は叱り、そして宿題をするという行動を引き出さねばなりません。でも、辞めさせないように辞めさせないようにという風に考えていたら、生徒のご機嫌取りのために、成績を上げる必要条件の宿題をさせるために指導をすることができなくなります。

後で書きますが、塾の社員からは、生徒の成績を上げさせるための宿題という行動を引き出せないのに、成績を上げろとプレッシャーをかけられました。おいおい何言ってんだこの上司。そう思ってました。

まあもうやめた塾の話をしても仕方がないのですが、担当を一瞬でもさせてもらった生徒さんには勉強を自分の力でしっかりできるようになってほしいなと思っていたので本当に勤務しているのが辛かった。何より、もし僕が小学生の時にそんな塾に通っていたらと思うとゾッとします。

謎のサービス残業大量発生

生徒の小テストを作ったり、その他、保護者の電話対応などで、最低授業前後に合わせて30分強ほどの残業時間が発生します。もちろん無給のサービス残業です。

個人経営の塾やフランチャイズの塾なんかではこのような、無給サービス残業などが溢れているようです。

コマ級(90分)1800円でそこそこ時給いいなと思っていたけれど、実際は、毎回の授業で生まれる残業30分を入れて残業代を計算したら、900円くらいでした。塾講師が時給が良いって話はどこに行った。

生徒が毎回変わるから授業の予定を立てられない

ブラック塾って基本バイトがすぐ辞めるので、講師が足りてないんですよ。だから、毎回取次で授業をしていかなきゃいけないんで、固定の生徒ができない。今日は小学生算数、今日は高校生英語、そんな感じで、毎回生徒が変わる。

で、この問題点って、生徒に合わせた学習計画を立てられないところにあります。毎回生徒が変わるから、「前回の先生はどこを教えてくれた?」この言葉が授業開始の第一声にならざるを得なくなります。だからその結果として、限られた授業の時間が無駄になっていきます。そして毎回の授業がこんなことになっているから、生徒の成績なんて上がりません。

大学の授業より塾の授業優先

これが、僕が塾を辞めようと思った一番の理由です。

シフトを無理やり入れられても、生徒が大事ということを言われて大学を休まされます。さっき書きましたが、「生徒が大事」というフレーズを多用し、私的な事情で休もうと社員に言おうものなら、「生徒のことを大事に思えないゆとりはこれだから」とか人格攻撃が始まります。

僕は人格攻撃を受けた時に、このバイト辞めようと思いました。
というか、今人格攻撃をされて辛いと思っている塾講師のアルバイトをしている方々は、そんな攻撃に耐える必要なんてないんですよ。辞めたかったら辞めていいから。

最後に:辞めたかったら辞めていい

講師のアルバイトへの人格攻撃、アルバイトなのに負担が大きすぎる、生徒の成績を上げることよりも売上の方が大事だと思っている上司。
ブラック塾の実情は様々な負の面があります。そんな労働環境が劣悪なところで心身疲弊なんかしないで、とっとと辞めてホワイトなバイトした方がいいですよ。

僕は、塾で生徒と関わるということは本当に好きだったので、塾業界は辞めていません。

他の会社の塾に移った方法はこちらに書いています。もし、まだ塾という職種を辞めたくないけど、ホワイトな塾に転職したいと思っている人は、読んでみないと後悔しますよ。条件の良い塾がこんなにあるんだって知らないままなのは勿体無いから。

ホワイトな職場を見つける方法を書いた記事を貼っておきますが、この方法を使ったら、びっくりするほど時給が高くなりました。ブラック塾で働いてた時の倍の時給になりましたもん。

まあ生徒と関わるのが苦痛だっていうことに気づいた人は他のバイトをしてたらいいんじゃないですかね?

PS:塾講師バイト専門の求人サイトはこちら

詳しくは、上に書いたように、僕が個別塾のバイトを転職して実働時給600円アップした秘密の方法や、下に書いている塾講師のバイトに関しての記事のリンク集で確認をしてほしいですが、塾講師のバイト専門の求人サイトを紹介しておきます。

その求人サイトは、塾講師JAPANです。



この塾講師JAPANは、登録塾の数が日本一なのです。
だから、この塾講師JAPANを活用すれば、自分にあった塾や、労働条件が良い塾を探して働きやすいんです。

登録塾数日本一の塾講師専門求人サイト塾講師JAPANに登録する方はこちら

塾講師JAPANで条件の良いバイトを探す

塾講師のバイトに関しての記事一覧はこちら

塾講師バイトカテゴリの最新記事