心理学部に対して「人の心読めるの?」って訊くのやめろ。面白くないぞ

心理学部に対して「人の心読めるの?」って訊くのやめろ。面白くないぞ

サイトのURL変えたり、他のサイト作成が忙しかったりで、記事書けていなかった僕です。

今回は、心理学部学生たちに対してほとんどの人たちが言う「心読まれそうで怖い」を撲滅しようと思います。

「人の心読めんの?」って何やねん

心理学部生は在学中幾度となくこの言葉を訊くことになるでしょう。
「心理学って何なの?人の心読めるの?」

いや、本気で面白くないぞ。僕ら心理学部生は、「またこの言葉きたよ。そろそろ飽きたぞこの質問」そんなこと感じてます。

今回はそのような質問をしてくる人たちをカテゴリー分けしていきます。対処方法書こうかと思ったけど、書く気力が出なかったんでカテゴリー分けだけ…。

スポンサードリンク

訊いてくる人のタイプ

先ずは、そのようなことを訊いてくる人たちのカテゴリー分けをして行きましょう。
ここでは、心理学が人の心を読めると本心で訊いてくる人と、本心から訊いているわけではない人とで大きく分けます。

本心で訊いてきてる人

厄介なのは、このようなタイプの人たちです。このような人たちは、本気で心理学部は人の心を読んでいると考えています。

このタイプの人の中にも2種類のタイプがあると僕は考えています。
その2タイプとはこの二つです。

  1. 中途半端に心理学を知っている人
  2. 独学で変な心理学勉強している人

中途半端に心理学を知っている人

テレビとかで相手の行動から相手の心を言う心理学者たちを見て、心理学というのは相手の心を読むものだと考えてしまっているような方々です。
このような人たちは、一度、しっかりと心理学は相手の言葉を読もうとしているのではなく、人間の一般的な傾向を探そうとしているのだと伝えると、納得してくれるから、納得した後は、我々心理学部生たちにとって、大した害がないからまだマシです。それに、テレビでの心理学の立ち位置がおかしいから、彼らもまた、心理学を間違えて捉えさせられた被害にあっているとも言えます。

独学で変な心理学を勉強している人

このタイプの人たちが一番、我々心理学部生たちは対処に困ります。勉強するエネルギーのベクトルを間違えているタイプです。

このタイプの人たちというのは、「相手の心を読む心理学」みたいな胡散臭い本を読んでいるような人たちです。そして、自己紹介で大抵、「心理学が好きです」みたいなこと言い出します。
また、脱線しますが、このような謎の心理学を独学で勉強してらっしゃる方々は、大抵自己啓発本と化した、アドラー心理学とかもありえないほど読み漁って、実践してらっしゃいます。今度アドラー心理学に関しても記事書きますね。

心理学好きを公言するような彼らから、「へえ、心理学部なんだ。本格的に勉強したら、心読めるかな?」とか言われた日には、その日1日、ドンヨリとした気持ちで過ごさなくてはなりません。

僕はこのようなタイプの人と出会った場合は、会話を極力しないで、以降関わらないようにします。もう、こいつの謎の心理学と真っ当な心理学部の僕じゃ会話が噛み合わねえと悟ったら、謎の心理学を是非是非今後も極めて、人の心を読めるようになることを祈ってあげましょう。

まあ、いつか心を読めないと悟った時に「心理学 心を読む」でググった際にこのページが上位に入って顔赤らめてくれること祈ってるので、グーグルさん上位に乗っけてね。

本心で訊いてきているわけではない人

このような人たちは、大抵、心理学部生に挨拶がわりに何も考えず「心読めるの?」を吐き捨てているタイプです。以下、その人らのこと書いていきます。

心理学部生には挨拶がわりに何も考えず「心読める?」を吐き捨てておけばいいと思ってるタイプ

出会う心理学部学生たちにこの言葉を毎回吐き捨てる人いますよね。そうです、今瞳孔開いた君のことです。

このような人たちは、その質問で心理学部生たちが微妙な顔しているのがわからないんですかね。ミラーニューロン働いてますか?

ミラーニューロンは共感とも関連付けられている。なぜなら、特定の脳領域 (特に島皮質前部と下前頭皮質) は自身の情動(快、不快、痛みなど)に反応し、かつ他者の情動を観察する際にも活動するからであるWikipedia ミラーニューロン

正直、このタイプの人たちね、面白くないよ。僕たち心理学部生、基本会う人に学部言ったら「心読めるの?」って言われ続けてるから、その質問を心理学部生たちにしても、何も個性出ないし、他の大多数と同じと思われてるからね。

もうこのような人たちは、コミュニケーションツールとして「心読めるの?」やめたほうがいいですからね。真剣に心理学勉強してる僕らイラっとこさせてるだけだから。

まとめ:もう「心読めるの?」って訊かないで

良いか悪いかは置いておいて、テレビで盛んに心理学が取り上げられる現在だから、僕たち心理学部生は、「心読めるの?」問題は初対面の人に心理学部だと伝えるとほぼ毎回訊かれています。

その問いに対して、「人の傾向を、統計的に処理して有意か否かを調べて…」と説明するのも疲れました。僕はもう、謎の心理学のイメージを払拭するのは疲れました。この記事読んだ人は、心理学部生に、少なくとも僕に、「心読めるの?」って訊くのやめてください。
冷静に考えて、人の心読めるようになったら、 心理学学んだ大抵の人々金持ちなれるでしょ。そうじゃないことから考えて、心理学学んでも心なんて読めないのわかってくださいよ。

あと、そのうち、心理学ってどのような学問か?を今度わかりやすく書きます。今は本気で忙しいので待っててください。

とりあえず、心理学部生や院生に「心読めるの?」やめてくださいって記事でした。

スポンサードリンク

心理学カテゴリの最新記事