自己啓発本を僕が嫌いな理由

自己啓発本を僕が嫌いな理由

みなさん自己啓発本を読みますか?

僕が読んで人生が変わった自己啓発本を3冊紹介します!皆さんも自己啓発本を読んで人生を変えましょう!とか言う気はないです。むしろ僕自己啓発本なんて読まないですし、あんなの読むのは時間の無駄だと思ってますし。

そこで、今回は、僕が何故自己啓発本を読まないのか、そして自己啓発本がなぜ嫌いなのかを書いていこうと思います。

自己啓発本は読むだけ無駄

僕は自己啓発本が嫌いです。ただ、僕の中で、その対象を全く知らずに嫌うのは良くないという謎の哲学を持っているので、何冊か代表的な自己啓発本の目次だけ読みました。

基本的に、小説以外ならば、学術書であれ何であれ、まず目次を読んだら、本の内容がおおまかに理解できるからです。

で、その結果、自己啓発本って読むだけ無駄だなって僕が思った根拠を示していきます。

成功バイアスの塊でしかない

自己啓発本って、成功者の書いた「成功するための日常生活の過ごし方」みたいな内容しかないんですよね。

そもそも僕は成功とか別にしたくないんで、そんな意識の高い生活をできないんですよね。お家でポテチ食べながら信長の野望したい。姉小路の天下を作りたい。僕の成功とかどうでもいいから、ゲーム内で弱小大名に成功をさせてあげたい。

話を戻すと、そのような成功者の言う成功するための方法って、成功しなかった人も同様にしてるんですよねきっと。それでも、成功しなかった人たちにはスポットライトを当てずに、成功した人の習慣としてだけ取り上げられ、自己啓発本として売られるという。

どの自己啓発本にも行動しろしか書いてない

ある程度自己啓発本の目次を読み漁って気づいたんですが、「成功するためには行動しかない」みたいな要約しか、どの本読んでもできないんですよね。

時間の使い方の本でも「無駄な時間を減らして成功するための行動の時間に費やそう」とか。
行動の習慣を変える本でも「モチベーションを上げて成功のための行動を増やそう」とか。

目次だけでなく一言一句しっかりと中身まで自己啓発本読んでる人は気づかないんですかね、その自己啓発本を読んでる時間を、自分の成功のための時間に使えばいいって。

意識高い系が大好きだから

あとこれですね。自己啓発本を読む人間が意識高いのか、自己啓発本を読むから意識高くなるのか、タマゴが先かニワトリが先か、みたいな問題なんですが、基本的に自己啓発本が好きな人って、意識高いじゃないですか。

僕は基本的に成功とかどうでもいいので、意識低いんですよ。だから、自己啓発本を読んでる意識高い人とは仲良くできないんですよね。暑苦しすぎる。自己啓発本読んじゃう彼らはできることなら関わりたくないタイプの人たち。

スポンサードリンク

最後に:自己啓発本を読んで初めてわかるということ自体が薄っぺらい

僕も自己啓発本の中身はある程度賛成します。確かに成功バイアスの塊でしょうが、それをしたら、目的持って人生過ごせるだろうなあとは思います。まあ好き好んでわざわざ読みませんけど。

ここまで、成功したくないとか僕は書いていましたが、多少の夢は僕にもあります。今大学で学んでいる内容をさらに発展させてとある精神疾患を心理学的に研究したいなあとは考えています。

実際そのための時間の使い方として、家にいる時は基本学術書や論文読んでますし、統計学や、統計関係のプログラミングを勉強してますし。信長の野望に至っては全くできてませんし。ごめんよ、姉小路さん。お前の天下を作ってたのにその最中に投げ出して。

ゲームできないのが多少は辛いですが、でも、ゲームよりも勉強が楽しいから、それを選んでいるだけです。好きだから、その研究に僕の人生捧げたいなあと考えているんですよね。高校生の頃まで信長の野望のために時間を作ってたけど、それが今は論文読むのに変わっただけ。

結果的に今の僕の生活習慣って、自己啓発本に書いているような感じでしょう。でも、自己啓発本を読んだからそんな生活をしているわけではありません。そもそも目次しか読んでないし。

でも、自己啓発本を読んで、そんな感じの意識の高い過ごし方をしようと決心しちゃうのが薄っぺらいよね。っていう風に思うんですよね。
わかるかな、この差。

PS:Amazonをお得に利用したい方はこちら

今回の記事では、Amazonや楽天で商品を紹介しました。

紹介した商品をAmazonで買いたいと思ったけれど、まだAmazon PrimeやPrime studenに入っていない方は、こちらのPrime会員やPrime Studentについてまとめてみたも合わせてどうぞ。

スポンサードリンク

人間分析カテゴリの最新記事